So-net無料ブログ作成
検索選択
クンルンネイゴン ブログトップ

クンルンネイゴン(急) [クンルンネイゴン]

先々週、クンルンネイゴン3にあたる(急)に行って来ました。

私のクンルンネイゴンの始まりは、マックスの個人セッションから始まり、2011年にレベル1を受け、レベル1からは4年経ち、ようやくレベル3まで来ました。

その間、真剣に取り組んだ時期、そうでない時期がありますが、やはりクンルンに縁があるということを感じています。

今回参加しての感想はただ、「楽しかった」です。
そして今でも、ワークをするのは楽しいです。
根をつめずに、自分のペースでやって行きたいと思っています。
やっぱりタイミングってあるからね。

で、一言で言えば、「アルケミー」
どれだけ自分の生活でアルケミーが出来るか。
これは限られた特別な人がすることではなく、人間はアルケミーする存在なのだそうです。

うんと、アルケミーっていうのは、どっちか片方だけでは出来ないものですね。
真逆があった上で起こるもの。

自分に正直かどうか。
自分がどうか。
誰に対して正直か。

どれだけ人に慕われたかとかは、どうでもいい。
なぜなら自分がどうかだから。


やっぱりクンルンは自分を中心に戻してくれるな〜

心配しなくても必要な時に必要なものは来るんだな。 うん。
nice!(0) 

クンルンネイゴン2(破) [クンルンネイゴン]

先週、クンルンネイゴン2に参加して来ました。

今回から、Kan.さんによるクンルンネイゴンで新しくなったようです。
今までのクンルンはワークショップという感じだったけど、
これは裏道、本気でやっていくとのことでした。(今までが適当という訳ではないですが、、)

本が出てからというもの、kan.さんのワークショップはすぐにいっぱいに
なってしまい、参加するのが困難となっていますが、
私はもともと、Kan.さんというより、クンルンに縁があるようで、
クンルン1は無料枠が当たり参加したし、今回も追加枠申し込みで
参加出来ました。

感想〜

クンルン1のあとは、正直、「時間がない〜」という言い訳のもと
あんまり熱心にはやっていなかったのですが、今回は毎日、きちんと
継続しています。
毎日、自分の時間があまりないと感じていたのが、あら不思議、
全然あるじゃん!って感じで、やらなければという変な気負いもなく、
ただやりたくて、探求したくてやっているという感じです。
とりあえず6か月きっちり続けて、次の段階に進みたいな〜と思っています。
中でも好きなのが、スネーククンルンかな。

Kan.さんは、本気でやりたい人には教えたいというスタンスなのですが、
私は本気でやっていきたいと思っています。
道(タオ)の教えにはとても共感できるので、胸を張ってタオイストと言えるように
なりたいな〜と。
だからと言って別に自慢するつもりもないんですが、謙虚でいることが大事ですね。

別に悪いことではないんですが、「私って凄いでしょ〜?」って言っているうちは
本物ではないんだということに気付かせてもらいました。

もともとエソテリックとか、シャーマニックなことが好きなので、
私には向いているかもしれませんね。

そんなこんなで、ここ1週間ほどは天体の影響もあってか、
自分の価値観を壊してくれることがあったり、5月じゃないのに
5月病みたいな感じだったのですが、5月を目前にして5月病から
脱出いたしました。

私のなかで、ハートと太陽が大きなキーワードなので、
ホームページのトップ画像も変更しました。
これは自分で撮ったものものではないですが、以前いただいたもので
ハワイのハレアカラだったかな?失念、、からの日の出です。
とってもパワフルですね〜

今年はたくさん勉強して、ヒーリングの方も力入れて参りますので
どうぞよろしくお願いいたします。


ーお知らせー

2014年5月31日までにセッションのご予約をいただいた方は、
全メニュー10%OFFでご提供いたします。
古いものと新しいものが入れ替わるこのシーズンに活用していただければ
幸いです。


nice!(0) 

クンルンネイゴン [クンルンネイゴン]

先日、クンルンネイゴンのワークショップへ行ってきました。

クンルンネイゴンは、古来中国から伝わる一子相伝の秘術だそうですが、
2004年にマックス・クリスチャンセンが、日本に初めて伝えてくれたのです。
気功のようですが、気功とは別のものだそうです。

マックスが日本で教えていたのは2年ほどで、今は、彼に認められた日本人
男女が教えています。
私は、マックスの個人セッションを受けて、その後、ワークショップを申し込んで
いたのですが、マックスが交通事故にあい、キャンセルになったので
その後、ひとりで本を片手に実践していました。
マックスは交通事故にあっても、驚異的な早さで回復したとか・・

忘れもしない、個人セッションを受けた時は、マックスの目のきれいさに
引き込まれそうになりました。
その時、私は、子供病気や夫婦の問題で、とても疲れきっていました。
子供の病気のことを話すと、自分が白血病の子供にワークして治癒した奇跡的な
話をしてくれて、名前は忘れたけど、黒い石を数個くれました。
この石を子供の洋服の患部にあたる部分に縫い付けるといいと言われましたが
洗濯のたびに取り外さなければいけないので、ブレスレットにしました。
今でもその石は持っています。

その後、クンルンをやったりやらなかったりで、しばらくやっていませんでした。
それでも、クンルンのワークショップに参加してみたいという思いはあり、
ずっと気になっていました。
ワークは、たまに思い出したようにやっていましたが・・

それで、今回、たまたま無料エントリーに何気なく応募して、忘れていたのですが
ワークショップの数日前に、当選のお知らせが来て、びっくりしたのです。

これは、導きでしたね。
ここ数日、ブログで書いていた、「一体感」「今ここ」「委ねる・明け渡す」「バランス」
全てが出てきました。
で、講師のKan.さんは、バランスの大切さを強調していましたね。
話の全てが、府に落ちるというか、響きました。

で、今までは、どちらかというと意識を高めるということに焦点があったと思うのですが、
やはり、これからは、感じていた通り、3次元の体も意識とともに高めていくということが
大事なのですね。
体、大事ですよ〜    これも、バランス。

クンルン以外のシャーマニックなワークも教えていただいて、
私はもう、うれしくて、うれしくて。
やっぱり私の道はこっちなのだわ〜と再確認いたしました。
これからは、きちんとやりますとも。
タオの教えも、とてもしっくりくる。

それで、肝心のクンルンネイゴンなのですが、ほんとに気持ちが良いです。
私は、一人でしかやったことがなかったので、大勢でやることが
楽しみだったのですが、途中、笑い出す人や泣き出す人もいて、
私は、最初、笑っている人の笑い声を聞いて、何だか腹立たしく感じたのです。(笑)

でも、女性講師の伯井さんが、最初に話していた通り、出てきたものの原因を探ろうとせず、
ただ流すということを心掛けて、ただ感じるがままにしていました。

そうしたら、最後の方には、笑っている人の声を聞いても、何も感じなくなっていて
ただ、「ああ、笑い声が聞こえるな」に変わっていました。

シータヒーリングなどのその他多くのモダリティーだと、感じたことに関して、
なぜそう感じるかを探っていくのですが、それとは真逆で、
出てきたものはゴミ(もういらないものという意味)だから、
ゴミ箱の中を探すようなことはしないということが、とてもしっくり来ました。

私の中では、やはり融合というか、共鳴というか、排除するのではなく、
一体となって感じてやっていくことの方へシフトしていきそうです。
でも、これは、相手の痛みやネガティブなものを自分の中に取り込むのとは
違います。

すごくたくさんのヒントを頂きました。
Kan.さんには、もっといろいろなワークを教えてもらいたいと思いました。

何だか、私の奥底で眠っていたものというか、くすぶっていたものに
火をつけてもらったようなそんな感じがしました。


クンルンネイゴンはVOICEで主催していますし、最近はファシリテーター制度が
出来て、他でもやっているようです。
マックス・クリスチャンセンのHP(英語)もありますので、興味のある方は
くぐってみて下さいね。


私はクンルン好きですよ。




nice!(0)  コメント(0) 
クンルンネイゴン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。